経営理念

起業の背景

2010年。起業前の函館はバブル崩壊後の不況が続く中、全国的な人口減少や少子高齢化の影響から、地域経済が徐々に衰退してきており、街、中小企業、住民の活力が失われつつある状況でした。

私はそんな活力を失いつつある人、企業、地域環境の活力を高めていきたいと考えました。

その時、活力を高める方法として、函館が抱える問題の一つであった、地域を代表する土産物がないことに着目するとともに、食のニーズが変わる中で、利用が少なくなってきた函館の基幹産業である水産物から変わる新たな価値を探求することにしました。そこで、函館の強みである、和洋折衷でレトロなイメージと自然の恵み豊かな地域の素材をそのまま活かした、体に優しい、食べて幸福感を得られるような、新たな価値を備えた函館土産を創造し、全道・全国・世界に地域の価値を伝え、満足していただくお客様を増やしていくことで、地域経済と世の中の人を元気づけようと、カドウフーズを起業しました。

我が社の経営理念(企業の創設者および経営者が、その企業経営にもっている基本的考え方。)

スローガン

元気な社会づくりに挑戦

会社の目的

人々が心身ともに健康で幸福感溢れる社会環境を創造します。

会社が大事にする価値観

自らが幸せを感じられるような、新たな価値づくりに挑戦します。

会社の目指す未来像

人々をより元気にし続けていくことで、
世の中に無くてはならない会社を目指します。

4つのこだわり

黄金千貫や牛乳など函館や北海道の地元ならではの、
おいしい素材を使用します。

形が悪いとか小さいからと言って捨てられる素材は今でも多いのが現状。
美味しいのに捨てられたりする勿体ない地元素材にこだわり、お客様と力強くて美味しい地元素材の魅力を共感していきたい。

職人がひとつひとつ手作りして
素材の風味や食感を活かします。

素材や商品の美味しさを追求するとやっぱり手作り。
一つ一つ丁寧に手づくりする繊細なおいしさにこだわり、お客様と美味しくて楽しいモノづくりを共感していきたい。

極力添加物を入れないもの作りで
お客様の健康に配慮します。

商品の美味しさや身体のことを考えると添加物は不要のもの。
できるだけ添加物を使わないことにこだわり、お客様と健康でいられる身体づくりの在り方を共有していきたい。

自分たちが幸せを感じるような、
ありそうでなかった新商品を提供します。

世の中には美味しいや健康にいい商品は沢山ある。
嘉福堂キッチンは私たちが幸せを感じるような、食べて感動・身体にもいい新しい商品の提供にこだわり、お客様と心身ともに元気でいられる社会づくりを考えていきたい。
私たちの想いの詰まった美味しいスイーツはいかがですか。

TOPに戻る